営業時間

店頭:8:00~19:00

定休日:日曜・祝日


灯油配達受付時間

8:00~17:00

定休日:日曜・祝日

LPガスの平均価格は?
LPガス切替えの訪問・電話勧誘にご注意ください!!

アクセス

東京都あきる野市上代継406

パロマ
ノーリツ
リンナイ

よくある質問

Q. 災害時の対策は?

災害に強いLPガス

Q. 災害時の対策は?

私達は、2011年の東日本大震災という未曾有の大災害を体験いたしました。
そして、今後も災害が起きることが懸念されています。
どの被災地においてもライフラインの早期復旧が課題となりました。LPガスは避難所などですぐに対応できることや、復旧の早さにおいて優位となり、多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。
その実績からさまざまなところで、LPガスは「災害に強い」ことが実証されています。

復旧も早く、避難場所での生活を支えるLPガス。(日本LPガス協会サイト)

Q. LPガスの切り替えの悪質なセールスについて

「はっきりと断れる消費者」になりましょう。

以下のようなトークをする勧誘業者は消費者から「断っても帰らない」「夜の遅い時間に訪問される」などの迷惑行為による苦情も報告されています。
訪問勧誘は特定商取引に関する法律で厳しく規制されています。
このような行為は法律違反ですから「迷惑」「怖い」と感じたら警察に相談しましょう。

(トーク1)「今の販売店の検針票」を見せてください。

検針票には住所氏名やガス使用量などの個人情報が記載れていますので、見ず知らずの第三者に見せてはいけません。言葉巧みに検針票を持ち去られる悪質な事例もありますので注意が必要です。
また持ち去られた個人情報を悪用されるケースもあります。

(トーク2)「LPガス料金が自由化」になりました。

LPガスは当初から自由料金であり、価格の上限・下限の定めはなく販売業者により異なります。目安となるものは石油情報センターが公表する「都道府県別平均値」です。「適正料金」や「適正価格」という表現も妥当ではありません。

(トーク3)今付き合っている販売店はLPガス料金が「地域で一番高いですよ!」

「取引が長いほど高くなります」とも言います。このようなトークはお客さまを不安にさせるためのものです。いったいどのような根拠により地域で一番高いと決めつけることができるのか、冷静に考えてみましょう。
また比較検討できないよう料金表を渡さないセールスは要注意です。

(トーク4)「この地域を一斉に」切り替え工事を行っています。

「ご近所の皆さんも申し込んでくれました」ともいいます。このように言われると安心感を持ち、申し込みの大きな動機になりますが、何の根拠もないセールストークです。

Q. 都市ガスとLPガスの違いについて

LPガスは都市ガスに比べて熱量(カロリー)が約2.2倍

熱量(カロリー)は、LPガスの方が大手都市ガスに比べ、約2.18倍高く、発熱量はLPガスの方が優れています。

単純計算で、LPガスで給湯させるのに10分かかったと仮定すれば、計算上同じバーナーなら大手都市ガスだと21分かかることになります。(実際には大手都市ガスのガス器具はガスが多く出るようになっていますので、水が沸騰する時間はほとんど変わりません)


Q. LPガスの性質を知りたい

安全の第一歩はLPガスの性質を知ることから

1. 空気よりも重い

1. 空気よりも重い

LPガスは空気よりも重く、もれると低いところや物かげにたまる性質があります。

2. ニオイをつけてある

2. ニオイをつけてある

LPガスそのものは無色無臭ですが、もれたときに分るように タマネギが腐ったようなニオイをつけてあります。

3. 燃焼にはたくさんの空気が必要

3.燃焼にはたくさんの空気が必要

LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気が必要です。

4. クリーンなガス

  • LPガスそのものには人体に有害なCO(一酸化炭素)は含まれていません。
  • ただし、換気不足などで不完全燃焼を起こすとCO(一酸化炭素)を発生します。
  • LPガスそのものは炭化水素なので、大量に吸い込むと意識を失ったり、窒息することはありません。

5. 液化した状態で容器(ボンベ)に入っている

  • LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入っています。
  • 容器のそばでたき火などをして容器の温度が高くなると、圧力が上昇して安全弁が作動し、空気中にLPガスを放出することがあります。
  • 液体のLPガスが皮膚に触れると冷傷になることがあります。

Q. 日ごろの安全管理はどうしたらいい?

LPガスを安心・快適にお使いいただくために

  • いつもLPガスを安心・快適にお使いいただくために、LPガスおよびガス器具などについて 正しいご理解をいただくことが大切です。
  • ガス器具の性能、正しい使用方法、お手入れの方法、保管方法などは取り扱い説明書や警告表示などをご確認の上、正しくご使用くださるようお願いいたします。

Q. ガスを使う際の注意点は?

点火・消火は必ず目で確かめてください

点火・消火は必ず目で確かめてください

  • ガス器具の近くに、燃えやすいものは置かないでください。
  • 風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げているときに、鍋の中の油に火が着くことがあり、たいへん危険です。 LPガスを使っているときはその場を離れないようにしてください。

※立消え安全装置や過熱防止装置(あげルック)など、安全装置付きのコンロをおすすめします。


Q. もしも、ガスがもれたら・・・?

点検を受けるまでLPガスを使わないでください! LPガス販売店または保安機関に連絡してください!

ガスのニオイに気付いたら

ガスのニオイに気付いたら

室内の火は全部 消してください。
マッチをすったり、タバコを吸ったりしないでください。

ガスのニオイに気付いたら

ガス栓を閉めてください。

ガスのニオイに気付いたら

器具栓を閉めて火を消してください。

ガスのニオイに気付いたら

ガスのニオイに気付いたら

コンセントやスイッチに触れないでください。火花が出てガスに着火するおそれがあります。

ガスのニオイに気付いたら

換気扇は絶対に回さないでください。
回っている換気扇はそのままにしてください。

ガスのニオイに気付いたら

扉や窓を十分に開けてください。風通しをよくしてガスを屋外へ追い出してください。


Q. 寒い時期の注意、積雪の対応は?

凍結して、お湯がでなくなったよ。どうしたらいい?

  • 給湯栓からお湯も水も出ないときは、
    給湯器のリモコンスイッチを切にし、気温の上昇により自然に解凍するまで待つことをおすすめします。
    給湯栓から水が出るようになったら、機器や配管から水が漏れていないかなどを確認して、ご使用ください。
  • また、混合水栓をお使いの場合、水のみ出る場合があります。
    それは、水道管は土の中に埋まっているので外に出ているところよりは暖かくなっていますから、凍らずに済むこともあります。その点、お湯の配管は外にされているため、水道管よりは凍る可能性が高くなります。
  • 温度のレバーなどを一番高温に設定したときに、お湯も水も出ない場合、凍結していると思われます。
  • 最近のガス給湯器は、凍結予防装置が搭載されていますが、給湯器に接続されている配管までは予防できません。
    配管には保温材を被せたり、凍結防止ヒータ(電気で暖めて凍結を防止するもの)が市販されております。お求めの場合は弊社にご連絡ください、現場に合わせてのご返答をいたします。

気温が低いときに、リモコンをOFFにしたのに、給湯器から音がするのはどうして?

凍結予防運転が働いていると思われます。

  • 凍結予防運転とは、外気温が低くなると、給湯器と浴槽の間のおいだき配管が凍結する可能性があるため、循環ポンプ内蔵の給湯器は凍結を予防するために、定期的に循環ポンプを運転させます。
  • この凍結予防運転は、リモコンの運転スイッチを切っていても給湯器にAC100V電源が供給されていれば働くようになっています。